アーカイブ: 2015年7月

納品事例NO.77「AUTHENTICITY FINE SOFA RB」

岡山市にお住まいのK様邸へ「AUTHENTICITY FINE SOFA RB 3P」と「高山ウッドワークス」の

“キャプテンチェア”と”ファンバックチェア”、土井木工オリジナルのダイニングテーブルをお届けして参りました。

AUTHENTICITY シリーズは4/8inch(5.08mm)の厚材を削り出し40mmまで厚みを落として使用しますが、

AUTHENTICITY FINE シリーズは4/5inch(31.75mm)の 材料を25〜27mmまで厚みを調整して使用します。

FINEの名のごとく繊細なデザインを特徴としています。

またAUTHENTICITY シリーズは”ソファ C”をのぞき3人掛けが幅2000mmに対して

AUTHENTICITY FINE シリーズは3人掛けでも幅1800mmとコンパクトなサイズです。

しかしながらアームの細さから 幅1800mmでもクッション部分が広いのでゆったりとできます。

ファブリックはイタリア産の高級仕様の”ZS”シリーズよりパープルをご選択。

ウォールナットとの相性がよく気品溢れる組み合わせです。

フィンガージョイントを施し角度を付けた背の部分は特許を取得し、ソファRBとRKの代名詞となっています。

他ではない道畑拓美の唯一無二のデザインです。

土井木工オリジナルのダイニングテーブルは天板の厚みが4cmとダイナミックな規格です。

この4cmというサイズは日本でも限られたメーカーしか取扱が無い貴重な材料です。

脚も8cmm角のボリュームで安定感があります。

天板厚4cmと脚の8cmと比を1:2にすることでデザインの統一感が出ます。

最後にご紹介するのは”ウォールナット”のチェストです。意外に市場に無いのです!

土井木工のチェストは蟻組が施された桐箱に、広葉樹の無垢材で前板を製作しています。

正面と小口の杢目が繋がっているのがおわかりいただけるでしょうか?

無垢材と貼りものの違いの見分け方です。

K様この度は誠にありがとうございました。

« 過去の記事